はじめに
 電力固定のオーブンレンジを頂いたが、電力固定では使い勝手が悪いため、
安価な市販の電圧レギュレータを入手、それをオーブンレンジと組み合わせて見た。
オーブンレンジの仕様:1200W/AC100V

 

使用材料
 ・電圧レギュレーター 1個:型式 TE474 Amazon通販
   記載電気的仕様:入力電圧範囲 AC50V ~ AC220V  最大電力 4000W
 ・インジケータパイロットランプ(AC220V) 1個   Amazonn通販
 ・ACプラグ 1個 ホームセンター
 ・タンブラースイッチ 1個 ホームセンター
 ・角型コンセント1個 ホームセンター
 ・塩化ビニール板(白)(mm)   80 x 110 x 2t
 ・木板(mm) 90 x 220 x 12t
配線図

実配線 
 パイロットランプ配線にハンダ付けを行う。使用したランプはハンダ熱に弱く、パイロット
ランプ内部の接続が容易に外れて使えなくなる。通常ハンダでは失敗したので低温ハンダ
(融点165度)材を使って行った。また、端子間が狭いので熱収縮性チューブを使用。
 


前面パネル板
 パネルの固定は調整ボリュームと共締め。
調整ボリューム位置とオープンレンジの消費電力の関係は本器の入力電流値を測定しながら、
ツマミ位置を可変して決める。
 
完成 
 電力調整範囲は最大値側に偏っているが、何とか使えそう。
出力波形
 オーブンレンジを本器出力ソケットに接続し、接続点の電圧波形を観測。
位相制御方式が使われております。

<<注意>>
 この波形測定は出力ソケットの両端の波形ではありません。この種回路は入力のAC電源はトラ
ンス等で絶縁されていないため、回路グランドは大地からみると電位を持つ可能性があり、場合
によっては感電する危険性を含んでいます。ここでは、オシロスコープのグランド端子を大地
アースに接続しています。

上段が1200W 中断600W 下段300W